• ホーム
  • 妊娠中は要注意!カンジダに感染するとトラブルが起こりやすくなる?

妊娠中は要注意!カンジダに感染するとトラブルが起こりやすくなる?

カンジダ感染に妊娠中は注意が必要なのは、普段よりも腟内が感染しやすい状況になっているためです。女性ホルモンの量が原因で感染しやすい状況ができるため、出産後もしばらくは気をつける必要があります。妊娠中でも体力の低下などがなければ、カンジダ症が悪化してしまうことは少ないです。しかし生まれてくる赤ちゃんが菌に感染するリスクを考えて、清潔な状態を保ってできるだけ感染リスクを減らしましょう。

女性ホルモンのエストロゲンが増えると、膣内でカンジダ菌の増殖しやすい環境をつくることをご存知でしょうか。さらに赤ちゃんを異物と認知しないように免疫力の働きがある程度抑えられることにプラスして、疲労によって体力の低下があることなど、いろいろな要因が重なります。妊娠中に性行為を行うことは感染リスクを高めますし、手や爪などが不衛生な状態にならないようにしないといけません。

赤ちゃんが生まれる前から、衛生的な環境をつくることは大事です。お風呂やトイレだけでなく、普段生活するリビングから就寝するベッドまで注意を払うとよりよいです。トイレで排泄したあとも、きれいに拭きとるだけでなくできれば湿気が残らないようにします。トイレットペーパーで拭くというより、押さえて湿気をトイレットペーパーに浸透させ、取り除くようにすればだいぶ緩和させることが可能です。

妊娠中の感染は母体にそれほど悪影響が無くても、出産時に感染してしまった赤ちゃんにはいくつか症状が出て、健康に影響する場合があります。赤ちゃんに感染してしまうと、おむつを付けることでムレやすい状況で菌の好む環境が出来上がり、カンジダ菌が原因で発疹ができる恐れがあります。指をしゃぶることも多いので、口の中に感染してしまうと白い膜のようなものが口の中にできることも多いです。免疫力が弱い赤ちゃんだからこそ感染したら悪化する可能性がありますので、妊娠前に感染しないように注意が必要ですし、感染者は妊娠前に完治させることが大切です。妊娠中は使える薬が制限されるため、治っていない状態で妊娠するのはそれだけでリスクになります。

家族にカンジダ症の人がいないと安心しがちですが常在菌であるため、妊娠中はいつ感染してもおかしくありません。性器周りの痒みや膣内に違和感があるなら、早めに医師の診断を受けましょう。妊娠前に、一度でもカンジダ症の経験があるなら、症状が起きていなくても調べてもらって見えない部分で影響が出ていないかチェックしておくと安心です。