• ホーム
  • 舌に感染すると痛みを伴うことも!口腔カンジダ症に注意しましょう

舌に感染すると痛みを伴うことも!口腔カンジダ症に注意しましょう

病気で体力が落ちたり高齢者の方だったり、免疫力が弱まっているとき口の中で真菌の増殖が起きてカンジダ症の症状が現れることがあります。特に舌は味覚を感じ取ったり言葉を話したりするときに使い、敏感でデリケートな部分であることから感染して症状が出るほどひどい状態だと痛みを伴っていることがあります。ピリピリ痛い舌痛症の方がカンジダの可能性がありますので、医師に診てもらうことが大切です。

歯科治療中に不衛生になったり唾液の減少で口内を殺菌する能力が衰えたりした場合も、常在菌として存在する真菌が増殖してカンジダを発症する恐れがあります。歯科クリニックでも口腔カンジダ症の治療を行えますから、担当医に診てもらいましょう。

舌に白いカビが生えたように広がりを見せるカンジダですが、舌苔のように境目がなく白く広がるのではなく、点々としたカビの塊が舌に広がって斑になって見えるため、素人でも違いがわかるでしょう。舌苔はなかなか取れにくいですが、カンジダによるものはガーゼなどである程度拭きとることもできることも大きな違いです。白いものが肥厚して角質化すると、腫瘤状になることがあります。口内炎とは違った硬さがあり、比較的判断がしやすいです。

口腔カンジダ症の中には、白いカビ状のものができないタイプがあります。口角で炎症が起き、舌はピリピリ感や灼熱感が生じて、唇もカサカサと乾燥するようになります。舌の表面がいつもよりツルッとしてきたり口内炎のような潰瘍ができたりして、カンジダか一般的な炎症か判断が難しい症状が出るときもあるため、病院で検査を受けましょう。細菌検査で、採取した菌を培養すれば顕微鏡でどの菌による症状が起きているか判断が可能です。口の中に原因がわからない違和感がある場合、診てわかる症状が起きていなくても増加傾向がある菌がないか調べてもらえば悪化して腫瘤や潰瘍ができる前に治療にとりかかれます。

治療が必要なとき、口内で使うことができる軟膏を処方されます。真菌を退治できる抗真菌薬で、菌がいなくなるまで使わないと湿気が常にある口内ではすぐに残っている菌が増殖しますので注意が必要です。口内にはたくさん菌がいてお茶などで殺菌できるといわれていますが、感染力が弱いもの以外は残ってしまうので、きちんとした薬を使いましょう。治療中使用する歯ブラシやコップに食器などは家族と区別しておき、熱湯消毒や食器を殺菌できる塩素系漂白剤などでつけ置き洗いすると衛生的ですし、家族を感染させてしまうリスクを減らせます。